令月(よきつき)

よきつき-令月-
「Japanese Premium Craft Gin」
ジンとはオランダで造り始められた蒸留酒の一種です。世界四大スピリッツの内の一つで、今では全世界で好んで飲まれています。
一般的な製造方法はトウモロコシや大麦などの穀物を原料として造られたアルコールにボタニカルと呼ばれる木の実や種、果皮や香草などを加え、再度蒸留して造られます。
この“よきつき令月”の場合は日本酒をベースにしてボタニカルを加え蒸留しています。その為ボタニカルの香りと共にお米の優しい甘味が感じられる和テイストのジャパニーズ・ジンとなっております。
ボタニカルには長崎の厳選したフルーツと当社屋号「梅ヶ枝」の由来となった梅の古木の枝を使用しています。
ジンが日本で初めて製造されたのは1812年(江戸末期)に、ここ長崎県で長崎奉行所の茂伝之進という役人がオランダ人の力を借りて造ったとされています。
それからおよそ200年が経った令和初年の令月(よきつき)に再び醸し始めます。
他にはない甘く華やかな香りをお楽しみください。
  1. よきつき(720ml)・・・3,000円(税抜) 通販
・アルコール/40度
令月(よきつき)


ボタニカル素材
  • ボタニカル素材 温州みかん
    温州みかん
  • ボタニカル素材 苺
  • ボタニカル素材 びわ
    びわ
  • ボタニカル素材 レモン
    レモン
  • ボタニカル素材 ジュニパーベリー
    ジュニパーベリー
  • ボタニカル素材 梅の枝
    梅の枝